条件で決める白髪染め

ガゴメ昆布ヘアカラートリートメントガイド

髪質に合ったものを見極める

今、白髪染めって、メーカーも種類もたくさんありますよね。たくさんある中で、よい白髪染めの見極め方は、どういったところに気をつけたらよいでしょうか。まずは、染め具合だと思います。すぐに色が落ちたりするのは、あまり思わしくないですよね。かといって、刺激が強すぎても、髪や肌を傷めてしまうので、それも困るので、色がしっかりとついて、あまり刺激のないものであれば、理想的です。

また、使い方が簡単なのも助かりますね。1液と2液をまぜて、っていうあのタイプはけっこう面倒です。液は1つで、コームも使いやすいのがいいですね。それから、チェックポイントですが、自分の髪質を知っておくことが大切です。細い人は染まりやすく、毛が太い人は染まりにくいということがありますし、また硬い、柔らかいといった髪質の違いも把握した上で選ぶのがよいでしょう。

他に、髪の量や長さの問題もあります。それで、目安になるのが、パーマがかかりやすいか、かかりにくいかということが判断の基準になります。パーマがかかりやすいひとは、染めやすいのですが、かかりづらいひとは、色も染まりにくいという傾向にあると思います。そういえば、私の髪はまっすぐで、腰が強いため、パーマがかかりにくいのですが、カラーリングしたときも、染まりにくかったですね。

関連サイト

ルプルプ口コミ染まらない?白髪染めの成分解説【最安値の窓口】
ルプルプは白髪に悩む方にオススメのヘアカラートリートメント。髪を傷める原因となる薬剤を一切使用せず、入浴時に使えるから手間いらず!染まり難い・色落ちしやすいという口コミもあるようですが、真相はどうなのでしょう?
www.shiragazome-treatment-kuchikomi.com/