人気のランドセルはすぐに売り切れる?

初体験のことはどんなことでもわからないことだらけですよね。

特にランドセル選びなど長期間使うものは慎重になりがちです。

各社の製品について比較してみました。

まず、ランドセルを販売する企業が多いので大まかに分類します。

製造から企画・販売まで行う会社と製造は専門企業に任せて、企画と販売を行う企業と企画まで任せて販売のみ行う企業の3つに分かれます。

製造から販売まで自社で行なっているメーカーの品質はまず間違いないです。

次にオススメできるのは販売のみ行う企業です。

別業界の有名ブランドランドセルがこの部類に当てはまります。

この場合は、工場側からブランドへ企画を出すことが多いので質が良いことが多いです。

少し前、タイガーマスク現象と呼ばれるランドセルを児童相談所などに寄付する流れがありましたね。

何か助けたいという気持ちは素晴らしいものですがその後、施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話が出たように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

実際にこの現象の発端となった人も少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており本当の思いは子供達の支援が広がるきっかけにしてほしいというところだったようです。

皆さんも寄付する際は贈る対象が本当に現在必要なものは何かを考えて贈りたいですね。

子供が小学校を卒業した際に悩むのが使用しなくなるランドセルの処分をどうするかということです。

少し前までは捨ててしまう、人にあげるという方も多かったですが財布やパスケースにリメイクすることがここ数年、人気になっています。

ランドセルは小学校在学中の長期間使うことを前提としているため素材の自体が撥水性や強度が高く6年使ってもまだまだ使える状態であることが多いです。

そのため、愛着を持っているけどそのままでは使えず、かと言って押入れに入れておいても邪魔になってしまいます。

例えば、進学した際に定期券を使う場合はパスケースに仕立てるなど財布などにして買ってくれた親族にプレゼントする人も多いようです。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では親が近くにいる安心感から集中力が高まり、親にわからない箇所を聞きながら勉強できるのでいいと言われています。

リビング学習をするのであえて勉強机を用意しない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただリビングに置くと家具と合うか不安ですよね。

そんな時はオシャレなランドセルラックで使ってみてはいかがでしょうか。

例えば、キッチンカウンターの下の隙間にカラーボックスをおいて入れてみたり、壁のフックに掛けておくという方法もありますが床に放置することが多い場合はストレージボックスを活用するのもオススメです。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで遠くて行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で済ませるのがダメとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場へ行って現物を確認してください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ってみて軽く感じるかや丈夫さなどが不明な点が多く6年間使い続けることができるか確認する必要があるからです。

他にも、刺繍をはじめとしたデザインなど細かいディテールも確認できます。

また、通販だと選択肢が膨大すぎて逆に迷って決められないこともあります。

夏休みは「ラン活」が本格化する時期と言われています。

ラン活とは来年入学の子供が通学時に使うランドセルを探して購入することです。

ラン活に際して気になるのは値段の相場です。

どうやら売れ筋の価格帯は4万円台になっているようです。

実際に7割近くの人が3万円台~5万円台を選んでいるというデータもあります。

実際に販売員をしていた方の言葉によるとその理由を見ると6年間使い続けるということを考えるとまた、3万円以上の丈夫なランドセルなら実際に販売員をしていた方の記事を参考にするとやはり3万円以上の製品の方が丈夫で壊れにくいようです。

ここ数年で夏の風物詩とも言える光景がイオンなどで見かけます。

それは子供と両親と祖父母のグループがランドセルを一緒に見ている光景です。

ここでは皆さんの身近なイオンのオリジナルブランド「かるすぽランドセル」についてインターネットで評判を調べてみました。

かるすぽランドセルの長所は様々な種類や色など、選択肢が多く、実際に試着して選べることと意外と高機能な製品になっていることです。

デメリットとしてはラインナップが幅広く選択肢が多いので奇抜な色などを子供が気に入ってしまうことがあることです。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセル展示場に来ている光景がもはや夏の風物詩になってきましたね。

人気のブランドやカラー、デザインのランドセルはあっという間に売り切れてしまうことも多いようです。

引用:http://www.motomessut.com/faq/soldout.html

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達が重要視していたのが色やデザインです。

「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」「かっこいい」と思っていたのが小学校高学年になってもそのまま気にいるかはわかりません。

同じようにそのとき人気のキャラものにしたら6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインやカラーを重要視している方が多いようです。

皆さんは小学校へはどんなカバンで通学しましたか?多くの人がランドセル通学だったと思います。

自分の子供が小学校へ入学するからとラン活を始めると約20年前くらいまでは男の子は黒、女の子は赤とほぼ選択肢はなかったはずなのに現在では様々な色やデザインのランドセルがあってどれを選んだらいいかわからないですよね。

もし選び方に悩んだら他の多くの方がどんな面を重視していたか参考にしましょう。

例としては購入時ではなく購入後何年かしてからもう1度ランドセルを選ぶとしたら機能面やデザインで何を重視するかというアンケートでは男女ともに丈夫さが1位になっています。

ここでいう丈夫さとは型崩れしにくい、金属パーツが厚いことなどです。

年々種類の増えているランドセルですが来年入学する子供のランドセルはもう買いましたか?まだ決まっていない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にもトレンドは存在しているので本格的にラン活をするにあたってトレンドを抑えておきましょう。

女の子向けのトレンドでは王冠の刺繍やバラ柄の金具などお姫様感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などがないシンプルな見た目の場合では本体はブラウン系、ふちはピンクといったワンポイントが違う組み合わせも人気です。

みなさんが小学生の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?多くの場合は黒か赤のランドセルだったのではないでしょうか。

最近ではランドセル自体の色やデザインが増えてきており見た目にこだわる親も増えているようです。

そのためかここ最近では、お気に入りのランドセルの汚れ防止にランドセルカバーも人気になってきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性をそのままに使用できる透明でシンプルなものが選ばれるようです。

また、女子の場合はかわいいデザインものが人気のようです。

他の人と被りにくくしたいという場合はハンドメイドサービスで探してみても良さそうです。

最近では何かを選ぶ際に口コミやレビューを参考にする方が増えています。

でも、レビューだけを参考に選んで後悔した経験もあると思います。

それはランドセル選びでも一緒です。

初めてラン活をする際はわからないことだらけでレビューが良いものを探すと思います。

ただ、実際に売り場に見に行くと生地が薄かったりと期待はずれなこともあります。

ラン活で重要なのは評判ではなく、製品がどう造られているかを知らなければいけません。

また、口コミを調べるにもメーカーは数十社もあり、何を選べば良いか決められないという話も多いです。

一番簡単な選び方としては最初にメーカーを1、2社選んでしまうことです。

例えば、自社製造しているセイバンなんかは品質が安定して高いです。

最近の夏休みは来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが意外と高いということに驚くのではないでしょうか。

クラリーノという素材を作っているクラレの調査によると2016年度に入学した子供のランドセルの平均価格は45000円以上だったようです。

なぜ平均価格が高くなっているかというとA4フラットファイル対応サイズが主流になり使う材料が増えていることや丈夫なものが欲しいという要望からより丈夫な素材を選ぶためなどがあるようです。

売り場で選ぶのに困ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

この前、来年の卵割に向けてランドセルについて調べていたらアディダスをはじめとしたスポーツブランドのランドセルがある時代なんですね。

アクティブな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているのでそのため国内製造している日本メーカの製品と機能が似ているところも多く見受けられます。

他の製品との大きな違いとして挙げられる点は施されているので思い教科書の負担が減り存在がわかりやすくなることなど防犯面が上がっています。

夏休み前後からはラン活も本格的になる時期です。

調査によると7月~10月がラン活のピークとも言われていますが人気ランキング上位の工房系などのブランドは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを狙っている場合は早めに情報を集めておかなければいけません。

ただ、早く決めすぎた場合に困ることが子供の心変わりです。

例えば、お友達が何色だったとかで同じ色が欲しいなんてこともあります。

個人的に購入するのにオススメなタイミングは年末年始です。

年末の決算で安くなっていたり、入学3ヶ月前なら体型もそんなに変わらないはずなので体に合ったものが選びやすいです。