看護師資格は転職時に有利?病院以外の求人も多くて人気?

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。
それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。
高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、医療以外の一般教養的な内容についても勉強できることでしょう。
それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。
また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。
収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、更なる収入を求めて、副業に精を出す人もいます。
看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、Wワークをしようと思えばできるのです。
とは言え、メインで働いている職場の規定で看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。
パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、ほとんどの看護師が病院で勤務します。
もちろん、その他のところでも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。
こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。
看護師はこんな風に仕事をすることが可能であり、結婚したり、子供を産んだりなど、生活が大きく変わるタイミングに最もやりやすい仕事をするため転職をしていくということが可能です。
どういった会社でも残業をすれば残業代が出るというのは当然のこととなります。
ただし、看護師の場合、その状況によっては、残業代が十分に出ないことがあります。
とりわけ、転職をしたばかりで新しい医療現場にまだ慣れていない時は、なかなか残業申請をしにくいムードなのです。
ちょっとでも看護師の過酷な労働条件を改善する意味でも、ちゃんと残業代が出るようにする必要があるでしょう。