バスツアーだと思ったら?

パタヤやプーケットなどアジアを代表するリゾートを有するタイには、美しい海と豊富な自然が手つかずで残されています。
そんな素晴らしいリゾート地に欠けている物があるとしたら、それはカジノです。
タイには宗教的な理由からカジノは違法とされています。
そのため、タイカジノを体験したいと思ったら、周辺諸国のシンガポールやマカオ、そしてタイ人ギャンブラーの多くが訪れるというカンボジアとの国境付近に行かないと合法的にカジノは楽しめません。
カンボジアの国境付近にあるポイペトという街には何軒かのカジノとホテルが有ります。
多くのタイカジノ客がバンコクから3時間以上かけてバスでやってきますので、1泊や2泊のバスツアー利用者が殆どです。
もっと手軽に楽しみたい場合は、タイとカンボジアの国境の街にあるカジノを日帰りで体験できます。
こちらもバスで目的地までの送迎をしてくれます。
賭け事に対する法律が厳しいため、絶対に闇カジノにはかかわるべきではありません。