ゴールドカード取得の年収目安は?

クレジットカードは買い物の支払い時に現金をわざわざ取り出すことなく支払えるので持っていると安心出来るカードです。 そして、買い物の支払い時だけでなく公共料金の支払いも出来ます。 クレジットで公共料金の支払いをすると知らない間にカードのポイントが貯まっていたりするのでそれが目的で支払いをクレジットに指定される方もいらっしゃいます。 が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月額の割引制度対象から外れる事があります。 現金がとぼしくても買い物できるものはいざという時にあると便利です。これはショッピング時の支払に利用できる他現金が引き出せる機能が付帯しているのでお金が必要な場合はすぐに対応できます。 作成法は色々ですが、簡単な方法はインターネットからの申し込みです。 ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。ネット以外の方法になりますと作成した会社から送られてくる書類に必要事項を書き送り返すという方法もあります。 電子マネーにも様々なヴァリエーションが増えてきて我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。スマートフォンからチャージできるものもありその範囲内の金額で支払や決済に利用できるサービスです。レジでサインをする必要がないのでスムーズに会計を済ませることができるため便利です。 1ヶ月分がまとめて請求されるキャッシュ要らずのカードは累積金額が不安になりますが入金している中から支払われるシステムなので心配はいりません。申込みについては、代金立替の信用取引ではないので入会審査が要らないためブラックな人でも利用できるので便利ですね。 ちなみに、ゴールドカードはクラッシックよりも高い地位が与えられているので普通の会員より充実したサービスを受けることができます。 昔はゴールドカードの申し込み条件として、年収目安400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、ブラックカードなどの登場で、年収目安などの条件が緩くなってきました。 そんなゴールドカードには、対象会員ならではの特典があり、一例としてより高額な保険補償額の提供、ホテルや航空券、劇場などのチケットの手配などがあります。年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。 他には会社側で規定した以上の利用金額で年会費が不要になるものもあり、三菱東京UFJ-VISAでは年間100万円の決済、シティカードジャパンでは年間30万円の決済で適用されます。



ゴールドカードを持ちたい人が気になるのが、入会審査に通るために必要な年収目安。年収いくらあれば審査に通るのか、このサイトで詳しく解説されていますよ。