無料保険相談の上手な断り方は?【サービス比較】

皆さんは買い物に行って必要ないものを買わされたというような経験やトラブルを聞いたことはありますか。

中には、保険相談時に虚偽説明や説明不足な状態で不適当な保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら告知義務違反で保険料が支払われないこともあるそうです。

そんな時に一般の方はどうしたらいいのかわからないですよね。

人生の中で保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルの解決が得意な弁護士もいるようです。

こういったトラブルが発生した時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは芸能関係や個人営業の飲食店だと思います。

実は保険無料相談サービスもとても気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が提案された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強引な勧誘をしていたり対応が酷いとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

営業の人の勧めそのままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

無料で保険の見直しを請け負ってくれる会社はたくさんあります。

手軽にネットから予約ができるので、FPさんとの面談までの手順もわかりやすくなっています。

とは言え待っているだけでなく、自分でも準備をしておくことが大切です。

今はどんな保障があるかピックアップしたり、自身の生活にとってあって欲しい保障について、またどれが不必要なのか、支払い可能な月額はどれくらいなのか、今の時点で予想される将来的な生活の変化など、限られた機会を有効に使うべく事前に準備をしておきましょう。

保険無料相談サービスの使徒上から商品券をプレゼント!という宣伝文句を最近は見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるというキャンペーンは禁止になったからです。

正確な金融庁の具体的な指導は換金性の高い商品の提供を禁止したことです。

逆に言うと「換金性が低いのなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「牛肉などの景品をプレゼントする」と言う方法で宣伝をしている状況に変わっています。

そのため、商品券をプレゼントする販促方法はなくなってしまいました。

保険無料相談のCMを見ていると気になることがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と面談するだけでお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料という形で報酬が発生しません。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘合戦では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

保険無料相談サービスでも同じように商品券プレゼントをしていました。

こういった商品券プレゼントキャンペーンを最近は見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、総務省や金融庁の指導で高額なキャッシュバックや高額なギフト券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、相談サービスではお米や牛肉、タオルなどの換金性の低いものに変更しているサービスもあります。

どうして無料なのに続けられているのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

一例として、保険無料相談サービスの場合では相談サービス会社は各保険会社からの契約手数料が主な収益となっています。

これはFPが提案した保険に相談者が加入することによって保険会社から契約手数料が相談サービス会社に入るという形です。

相談者に契約してもらわないとお金は発生しないので、生活状況に対して無理な保険を勧めることはほとんどないと思っていいはずです。

また、加入中の保障内容を忘れているから確認だけ、という方も相談無料なので安心して利用してください。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

それならば保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら必ず新しい契約をしなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

よくある保険の見直しは実店舗を訪ねたり向こうに来てもらったりと直接面談するのが普通かと思いますが、数ある会社の中には電話でアドバイスをしているところもあるようです。

どんなシステムかというと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、そのあとは予約時間を待つだけで良いわけです。

通話料すらかからないそうです。

この方法なら提案が不満なときも話を終わりにしやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

車の買取など様々な場面で見積もりをしますよね。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが好きな人は楽しいと言いますが最近では、電話が苦手という方が多いイメージを持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強引な勧誘を行ったり、評判の悪いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に際してのトラブルに気をつけています。

また、もし強引な勧誘を行うFPが担当になった場合はストップコールというサービス側で用意しているシステムがあり、電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

保険を考える時期といわれるライフイベントがあります。

例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、全く知識がないと何を基準にして選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスを利用してみましょう。

すでに保険を契約している人でも年収や支出などが加入当時と比べて変わっていると思います。

なので、無料相談で今の生活状況や将来の希望に合っているか、いざという時にどんな保障が必要なのかを改めて見直しましょう。

相談をした結果、内容はほとんど同じなのに保険料が半分になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

専門家との保険相談を無料でさせてくれる会社は、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社がおすすめです。

何社かにわたって依頼したという人の話によりますと、それぞれ同じことについて意見を聞いたとしても、提案されるものが違うことが多いようです。

いざ契約となれば、FPさんとの付き合いは長くなります。

意見や要望、不安などを親身に聞いてくれるだけでなく、予想を超えた満足感を得られるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。

ネットで少し調べればわかるように、たくさんの保険無料相談請負会社が見つかります。

中にはより多くの顧客獲得を狙ってキャンペーンを実施している場合もあります。

その中身はどういったものなのでしょうか。

多くが商品券やギフト券がもらえるといったものでした。

もらえる金額はどれほどのものになるかというと、2000円から7000円ほどといったところでしょうか。

大切な話なので数社に面談をお願いすることもあるでしょうし、こういったことを会社選びの参考にすれば諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談者特典として換金性の高いギフト券やビール券などの金券類をプレゼントしてはいけないという指針です。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品プレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる香典などの慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には当てはまらないとしています。

そのため、牛肉などの商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」とも言い切れない状態にあると言えそうです。

参考:無料保険相談騙される?怖いし不安!【無知な素人が行っても大丈夫?】

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?という疑問です。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では何が有料と無料で違い、メリット・デメリットになるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料(収入)のいい保険ばかりを勧めてくる人が中にはいます。

逆に、有料の相談の場合、最低限の収入が発生し、より相談者目線で親身になってくれる可能性が高いです。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益という形で支払われているからです。

つまり、相談サービス会社としては、勧めた保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で提案してくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はなく現在の保険内容の確認だけの利用も大丈夫です。

マイルやポイントサイトで交換できるポイントが保険無料相談でもらえるキャンペーンを見かけます。

高額ポイントがもらえるサービスは有名ではないものばかりで本当にポイントがもらえるか信頼しにくいですよね。

多くの場合、何回か面談を実施し、アンケートに回答すると付与というパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約の見込みがないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件未達の状態で放置される可能性があります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

名が知れた会社だけでも、保険の無料相談をしているところは多々あります。

そんな中で、自分が本当に満足できる会社と出会うのは想像よりずっと簡単ではないと思います。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

いろいろな視点で作られたものなので、自分にとって大切なことを最優先に選びやすくなります。

名前を知っているような有名どころでもFPさんとの相性の良し悪しは重要なところなので、上の方に位置している複数の会社で面談するなど、上手に活かして満足へつなげましょう。

皆さんは自分の加入している保険の内容ってしっかり把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、おすすめするのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受給できるかや家が火事で燃えてしまった時の保障などは、特別なことがない限り使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこでFPに相談を行うことで現在のライフプランに合っているかを見直しましょう。

場合によっては、ほとんど同じ内容なのに月額を低く抑えることができたという話も聞きます。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

ライフプランの見直しや契約状況の確認をしてくれる保険無料相談サービスではそういった評判はどうなのでしょうか。

口コミサイトを参考にすると相談前の人の多くが「相談したら結局保険を契約させられそう」というイメージがあってなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や本当に保険内容の確認だけでも快く対応してくれたなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

保険の見直しというと店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりと直接会うような形が多いかと思いますが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

仕組みとしましては、フリーダイヤルやネットから電話をかけてもらう時間の予約をし、あとは担当FPさんからのコンタクトを待つのみです。

お金は1円も必要ないそうです。

これなら本当に良い提案のときだけ話を聞いていれば良いので、直接顔を合わせるよりも話しやすい人も多いかもしれませんね。

プロに自宅へ来てもらって保険の話をするとき心配なこととして、提案に納得できないときに断れるか?ということがあるでしょう。

良心的な会社であれば強い勧誘の禁止令があったり、担当者と合わないときには変更してもらえたりするようなサポートを用意してくれています。

初めての面談では提案のために話を聞くだけというところも多いそうなので、はじめに相談だけのつもりでいることを十分に伝えておくと安心かもしれません。

自信を持った提案をしているFPさんであれば他と比べてもらっても大丈夫なので、問題なく終われるでしょう。

営業の人に提案されるがままに保険を契約してしまって実は、内容をしっかりと把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを活用してはいかがでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、もし現在のライフプランに合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

一時期、いろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの販売店では額が大きすぎて本体の金額よりもキャッシュバックされる額の方が大きいようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

最近、そういったプレゼントキャンペーンを見かけなくなりましたよね。

それもそのはず、2017年に金融庁が出した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるキャンペーンをしないように指導したからです。

そのため、保険の相談業界ではお米や牛肉、タオルなどの景品プレゼントに変えているサービスもあります。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方はどの支出を節約しましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうするとすぐに思いつくのは、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

他の節約箇所としては保険料の見直しをすることです。

保険無料相談サービスを活用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

車の買取などいろいろな場面で見積もりをしますよね。

見積もりをすると各社から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をして値切るのが楽しいと言いますが若者を中心に最近では、電話が苦手という人も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、強引に勧誘してくるなど評判の悪いFPに対して登録解除を行うサービスもあるほどしっかりと勧誘に際して対策を考えています。

また、もし強引な勧誘を行うFPが担当になった場合はサービス側で用意しているストップコールというシステムを利用し、電話一本で勧誘・相談のストップや担当FPをチェンジすることも可能です。

インターネット上には、保険無料相談会社についてのクチコミが溢れています。

これはつまり世間の人々が強い関心を寄せていて、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

さらに面談そのものについて知りたい気持ちもあると思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、重点的に見るべきなのはFPさんの知識量や提案力について、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。

どこにお願いするか決めるときには、そこのFPさんがどんな対応をしてくれるかをよく調べてみましょう。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例えば、ペットのための保険やお寺などで行われるペット供養などです。

ペット保険とは、動物病院で病気の治療を行った際の治療費を保障する保険です。

日本全国、どこの動物病院でも入院給付金や手術給付金を受け取れるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあるそうです。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

保障内容が気になる方は、保険無料相談サービスでも取扱をしていますので相談してみましょう。

保険相談ができる会社はたくさんあるのでどこが一番良いのか決めかねることもあるかと思います。

ぜひこういうところを選んでほしい!といういくつかの大切なポイントを示してみようと思います。

何よりもまず、FPさんの質に絶対の自信を持っているところです。

また人間同士合う合わないは考えられるので、もしもの場合きちんと対応してくれるサポートがある会社にしましょう。

加えて多くの商品を取り扱っているところはいっそう顧客に合ったプランを作成しやすくなります。

アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。